新東宝:連続暴姦 織本かおる 麻生うさぎ 佐々木裕美

| By javjav | Filed in: 昭和・成人映画.

新東宝・連続暴姦

当時7歳だった女の子は、女子校生だった姉がレイプされてしまう現場と犯人を観ていた。彼女は大人になってからこのレイプ魔を追い詰める。

「連続暴姦」動画のストーリー

山の中のトンネルを女子校生が一人で歩いていたが、その後をだれかがついてきている様子だ。彼女は、足早に逃げるがトンネルの出口で男に捕まりそのまま茂みに連れていかれレイプされてしまった。彼女の妹はその現場を目撃し犯人の足に赤い蛇の入れ墨を観ていた。

その後12年が経ち映画館で上映技師のバイトをしている男は、上映中の連続暴漢の映画を観ていたが、それに登場するレイプ魔の足に赤い蛇の入れ墨が入っていることに気づく。かれは、12年前のレイプ魔本人だったのだ彼はいてもたっていられずにその場からたちさりこの映画の制作関係者から当時小学生だった女の子のことを突き止め彼女に会いに行った。そこで彼女もレイプしてしまう。。

「連続暴姦」について

主演  :織本かおる 麻生うさぎ 佐々木裕美

レーベル:新東宝

メーカー:新東宝

時間  :分

監督  :滝田洋二郎

番号  :-

2006/06/28

アダルトブログランキングへ



Tags:

Comments are closed here.